読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平穏な日々

毎日を静かに楽しく暮らしたい…と思ってます。

選挙の行方

確か何年か前は私たち夫婦は選挙にはホントに無関心で、義両親が「選挙には行ったか?」とうるさく聞き、行かないと答えるとその後がさらにうるさいので、「行ってきました」と嘘をついたりしていた。そのくらい無関心であったのに、今回はなぜか行かないわけには行かないと変な使命感に燃えていた。そういう人は多かったと思う。そして、投票した人が見事当選。まぁまぁうれしかった。が、しかし今朝のテレビを見ていたら落選したはずの人が万歳していた。「え?なんで?」と思ったら比例区での当選だった。結局、私のところの選挙区の立候補者2人でその2人とも当選していた。「結局行っても行かなくても一緒だったのか?」何ともむなしい感じが残った。

亀井さんはまだ、国民がマインドコントロールされてとか何とか言っていて、後ろからパコーンって叩いてやりたくなった。とにかく早急に改革してくれる人を望んでいるからこういう結果になったのだ。もうほとほと国民は呆れかえっているということに早く気づいて欲しい。亀井さんは今期限りでしょうとホリエモンがテレビで言ってた。どういう根拠なのかわからないけど、なぜか胸のすく思い。

そして東京10区の小林候補の秘書が詐偽投票したという事件には驚いた。踏んだり蹴ったりとはこのことだろう。どうしてわかったのかも不思議だったけど、年齢と風貌があまりにもかけ離れていたとのことで、選管の人が不審に思ってその場で調べたという。もう少し頭を使え〜。なんだか気の毒なほどかっこわるい。