読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平穏な日々

毎日を静かに楽しく暮らしたい…と思ってます。

お犬様

出来事
女性飼い主の4割が、愛犬の家庭内での優先順位を「家族の誰かより上位」と考えている――。花王は2日、「飼い主と愛犬の接し方」調査の結果を発表した。犬を愛するあまり餌の管理が甘くなり、飼い主の4人に1人が愛犬の「太り気味」を懸念しているという。
 調査は、室内で犬を飼う首都圏・近畿圏の女性795人(20〜60代)を対象にインターネットで実施した。
 約9割が、愛犬を家族の一員と考えていることが明らかになったほか、「一緒の布団で寝る」が4割、「生活の愚痴などを聞いてもらう」が3割いた。愛犬の優先順位が家族で最も高い「お犬様状態」は5.6%あった。5割が「おやつをよく与え」、3割が「人の食べ物をつい与えてしまう」など餌の管理が甘くなり、愛犬の肥満傾向を助長しているという。
 同社は「室内犬は小さく余りほえないため、かわいがる余り逆に病気にしてしまう場合がある」とし、しっかりしつけ、餌の管理徹底が必要と指摘している

家族の誰かって誰?配偶者か?だとしたらカワイソ過ぎるよ、配偶者さんが。我が家は外飼いだからこれほどの密接度にはならないけど、もし一緒の部屋にいたらそんな風になってしまうかも。愚痴を聞いてもらう・・・これはないかな。ただ一緒にいると癒されることはある、すごく多く。ただ身体をなでているだけですごく元気をもらえるというか。それくらい健気なんだなぁ。過剰な愛情の注ぎすぎには気をつけなくてはね。そうなるのにはいろんな複雑な要素がたくさんあるはずなんだけど。