読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平穏な日々

毎日を静かに楽しく暮らしたい…と思ってます。

2日目

香港
  • 朝はゆっくり10時頃起床
  • スターフェリーに乗って上環へ
  • 大會堂 美心皇宮でワゴン式飲茶ランチ
  • トラムに乗ってビクトリア・ピークへ
  • 摩羅上街(キャットストリート)→文武廟(寺院)→ヒルサイドエスカレーターを散歩
  • 地下鉄で尖沙咀へ戻る
  • ホテルのプールで一泳ぎ
  • インターコンチネンタル香港の「欣圖軒」にて夕食
  • 夜景を見ながらホテルへ


美心皇宮での飲茶。いろいろ食べました。


ピークトラムからの眺め


キャットストリート



欣圖軒では北京ダックをオーダー(皮がパリパリ!)



欣圖軒 野菜のシャキシャキ炒め(クワイがたまらなくおいしかった)


欣圖軒 デザート 楊枝甘露と中華菓子(こちらはサービス)












2日目の感想

さすがに朝は起きられなかった。10時頃になってやっと起き出す。そのまま着替えてフェリーに乗り香港島へ。8月は確か1年の中でも降雨量が飛び抜けて多いらしく、雨も覚悟していたけどピーカン。日差しがまぶしかった。結局、毎日好天に恵まれた。
香港は乗り物が安い。フェリーも2,2ドル(35円)。フェリーを下りて確かこの辺りに飲茶のお店があったはずと地図を広げてその店を目指す。やっと見つけて中に入るともう営業していてお客さんもいた。香港でも珍しくなっているらしいワゴン式飲茶のお店。おばちゃん(と言ってもきっと私と同年代なんだろうなぁ)ががらがらと引くワゴンから欲しいものをとっていくというやつ。これが思った以上に楽しい。とりあえず、値段のことは気にせず見て「あ、おいしそう!」と思えばもらう。そしておばちゃんが紙にハンコを押していく。結局値段はわからないまま、好きなだけ食べて会計時に約1万円を払った。「思ったより高かった〜」と感じたけどあれだけ食べていれば当然なのか。店を出て行く頃にはお店の外にたくさんの待ち人が。かなりの人気店らしい。確かにはずれがなく、すべておいしかった。
その後あちこちを歩きまわった。ともかく暑いのと足が疲れたのとで消耗が激しかったけど旅先ではなぜかがんばれてしまう。コンビニで何度ペットボトルを買ったことか。途中、エッグタルトの有名店を見つけ、すかさず買う。
またホテルのプールに入り、一休みする。
夜はインターコンチネンタルホテルの欣圖軒へ出かける。今回の旅行で唯一予約をしたお店。メインの北京ダックも予約しておいた。他に、エビのゴママヨネーズ炒め、野菜のシャキシャキ炒め、XO醬牛肉炒飯、楊枝甘露(マンゴーのスープ)などをオーダー。これ以外に北京ダックのお肉のミンチも出たのでお腹いっぱいになってしまった。北京ダックは上品でおいしかった。そして、すべての料理をお店の人がサーブしてくれる。こういう経験も初めて。最後にデザート(中華菓子)の盛り合わせが美しく飾られて出てきた。こちらはお店のサービスらしいが、ともかくお腹がいっぱいになり味を堪能することができなかった。お会計は全部で22,000円くらいか。今回の旅行で1番贅沢な食事となった。
帰りに夜景を眺めながらホテルへ戻る。よく歩いた1日だった。