読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平穏な日々

毎日を静かに楽しく暮らしたい…と思ってます。

またしても日が開いてしまった。私の場合、日記を書けるのは精神状態が安定しているときなのだなとつくづく思う。
この1週間もいろいろなことがあって、仕事はほとんど手に着かない状態だった。
火曜日の夜は静岡でも震度6強の地震があって、ただ私の住んでいるところは震度4程度。揺れ自体は怖かったけどたぶんそれほど揺れてなかった。ただ、静岡震源と聞いただけでほんとに今までの緊張の糸が切れてしまったかのように、動揺して自分でもおかしくなったのがわかった。もうこの部屋で寝たくないとなってそれ以来、次女の部屋で寝ている。今まで寝ていた部屋はタンスがあって、固定してあるもののどうなるかわからない。その前に津波が来たらもうどうしようもないし。ほんとに今まで津波をなめていた。私の住んでいる場所もあの地震が来たら同じように流されることは間違いない。海から直線距離で2キロ程度しかない。そんなことを考え出したらもう絶望感しかなくなってしまい(被災してるわけでもないのに)この何日かでやっとまた元通りになってきた。それでも体調はあまりよくなくて、夫は夫で花粉症が今年はとてもひどく、目が3倍くらいに腫れてるわ、胃の調子もおかしいと病院で胃カメラ飲んでくるわとほんとに低調。胃の方は薬もらったらだいぶよくなってきたみたいだけど。ほんと今は何を心のよりどころにして生きたらいいのか・・・。

地震直後には行くのやめようと思ってたけど、結局、金曜日に行ってきたのが劇団四季の公演。ほんとどうしようか、直前まで迷って迷って。結果的には行ってきて、観てきてよかった。クレイジーフォーユーというミュージカルだったのだけど、ほんとに素晴らしくて、きっと演じている方々も震災のことを気にかけながらだったと思うけど、歌に魂がこもっていたように感じた。

土曜日は長女の引っ越し。家のトラックに荷物を積んで夫と3人で行ってきた。計画停電があるかも?と不安になりつつも、この日は1日停電はなかった。忘れてきたものや、足りないものがたくさんあったため、いったん3人でこちらに戻ってきた。長女の一人暮らしスタートはもう少し先。本人はすぐにでも行きたいらしいけど。親としては一緒に帰ってきて少しホッとしている。