読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平穏な日々

毎日を静かに楽しく暮らしたい…と思ってます。

11月になりました。初っぱなにいろいろあったので、そこから思考が止まっているというかお花畑にいるみたいな感覚。現実になかなか戻れないようなそんな感覚で今現在に至ってます。
33年ぶりくらいで原田真二のライブに行ってきたのです。

デビュー35周年記念ライブということで、きっとこれまでもキリのいいところでのライブ、それ以外のライブもたくさんあったと思うんだけど、なかなか行けなかった。今だから行けたんだろうなと思う。5年前じゃやっぱり無理だったなーと。
それにしても35年ってすごい歳月。自分がそこまで遡れるほど生きちゃってるってことなんでしょうけど。で、変わらずに彼の音楽が聴ける幸せ。きっと35年前より楽しめていたと思う。単なるわーわーキャーキャーで舞い上がっていた中学高校時代とは違う、じっくりと楽しめる。こんな楽しみ方があったなんて。エレキギター、アコースティックギター、ピアノ、くるくると楽器を持ち替えあげくパーカッションまで。そしてアカペラも有り。なんて中身の濃いライブ。しかもそれが全然懐メロになってない。今生きている音楽そのもの。
何度も胸に込み上げてくるものがあった。それはきっと彼も同じだったんだろうなと思うことが…。この時間では当然終わっているだろうなという時間に終わってない。でも新幹線の時間があるからってそこで帰れるだろうか?私は帰れない(笑)。結局、私が勝手に終わると予定していた時間より1時間近くオーバーして焦りながら駅に向かう。10時半にこだまならあるからと思っていたらそれがそもそもの間違いで10時10分が最終だった。あっちゃー、やっちまった。もう帰れないよ。夫に帰れなくなっちゃったと電話し、ネットで空いてるホテルを探してホテルへ移動。チェックイン時に、予約している部屋が空きがありませんのでスイートルームのご案内になりますと言われたときには超ビックリした。絶対、空き部屋がないということはなかったはず。ホテルのご好意に感激した。1人で泊まるにはもったいなさ過ぎるほど広い部屋で、うれしかった(涙)。


翌朝は早々にチェックアウト。チェックアウト時にも昨日と同じホテルマンさんがいて、「ごゆっくりできましたか?」と聞かれて「ありがとうございます」と答えた。本当にありがとうございました。ロイヤルパークホテル様。

夫に帰れなくなるなんてあるのか?ばかだなぁと罵倒されつつも帰れなくなってほんとによかったよ。あと、ライブにも夫婦で来てる人結構いたよって話したら、夫もまんざらでもなさそうだった。いや、でもあんた何にも知らないし、多分一緒には行かないと思う(笑)。さっそく次回のライブも予約しちゃった。今度はちゃんとホテルも予約しておこう。わー!楽しみだ。